通販で買えるリポドリンには依存のリスクがある?

リポドリンの購入はこちら
ダイエットで辛い思いをする女性 リポドリンはサプリメントですが、薬にも負けないような強力な効果を持っています。

それがダイエットにおいても力を発揮し、数々のダイエットに悩む人達のサポートに活躍してきました。

しかし、それだけ強い効能を持っているとメリットだけではなくデメリットも出てきます。

リポドリンのデメリットとして挙げられるのは副作用、そして依存のリスクです。

リポドリンは、他のダイエット薬に比べて依存のリスクが多く危険視されています。

しかし、リポドリン自体がすべて危険というわけではありません。ただ、使い方を誤ってしまえば依存症になる危険性をはらんでいることは事実としてあります。

通販で買えるリポドリンに依存する可能性のある成分

薬のイメージリポドリンへの依存は、リポドリンに配合されている有効成分によって引き起こされやすくなっています。

リポドリンに使われる有効成分には、ダイエットへもたらす効果が大きく強力なものを多く含みます。

もちろん、人の体に入っても問題がない成分ばかりです。

そんな安全な成分でも、過度に使えばデメリットが大きく伸し掛かることになります。

エフェドラの依存性

リポドリンの有効成分の1つ、エフェドラは古くから漢方薬に使われていたものです。

喘息の改善や体を温めるなど、人体に効果的な役割を持つ成分ですが、エフェドラを含んだ薬を飲んだスポーツ選手がドーピング検査で陽性判定を受けてしまったという事例が過去に発生しています。

エフェドラは過剰に摂取すると、気分が高められて興奮状態になるという効能を持ちます。そのため、一気に飲みすぎてしまうと大変危険です。

さらに、エフェドラにはカフェインと同じような依存性があります。

エフェドラを含んだダイエット薬はリポドリン以外にもいくつか見られますが、そのダイエット薬を飲み始めてから途中で辞められなくなっていったという使用者の話も報告されています。

このような危険性から、エフェドラを配合する薬は『連続で飲めるのは〇〇日以内まで』というボーダーラインを定められていることがほとんどです。

テオブロミンの依存性

テオブロミンはカカオなどに多く含まれている有効成分です。

テオブロミンの作用は脳にリラックス効果を与えるほかに、快感や幸福感まで引き出します。

このような作用から、依存しやすい物質と考えられています。

少量なら問題ありませんが、多量のテオブロミンを毎日のように摂取していると、重い依存状態になる可能性があります。

カフェインの依存症

リポドリンの有効成分、カフェインは『カフェイン中毒』という言葉が有名です。それほど依存症状を起こしやすい成分となっています。

カフェインはコーヒーや緑茶に含まれており、日本人にとって馴染みのある成分の1つです。毎朝コーヒーを飲む人がいるのも、もはや珍しいことではないでしょう。

カフェインの持つ効果には眠気冷まし、疲労回復、リラックス効果などさまざまなものが挙げられます。仕事の傍らにカフェインを常備しているという人はたくさんいます。

しかし、カフェインは同じ量を体内に取り込み続けると、徐々に効果が弱まっていくという性質があります。そのため、効果を得るために摂取する量を増やし続けることになります。

やがて、カフェインがないと疲労が回復しなかったり、注意力散漫になったりするという禁断症状が現れ、摂取していないと落ち着かなくなるほどの状態になります。

この症状がいわゆる『カフェイン中毒』です。

このように、カフェインという成分による依存は高く、誰もが陥りやすいものでもあります。

通販で買えるリポドリンに依存しないための対策

薬を飲む人リポドリンには、依存性に発展する可能性を持つ有効成分が数多く含まれているということは明らかです。

このため、リポドリンを使用するすべての人は依存のリスクに注意する必要があります。

リポドリンへの依存の対策方法として、次のことを心に留めておいてください。

大量に飲みすぎない

リポドリンの服用方法は1日に2回、朝に1~2錠と昼に1錠という服用ペースが目安です。

しかしリポドリンは1錠でも十分に効果を発揮してくれるので、飲んだ後の効果が強いと感じたら、錠剤をカットしたりして調節しましょう。

また、連日飲んでいてキツイと感じたら、飲むのを控えてみるのも対策です。

リポドリンは最大でも1日に3錠までという規制があるので、4錠以上を飲むのは絶対に止めましょう。

連続服用できる期間を守る

リポドリンは毎日飲むペースを想定して作られたサプリメントですが、連日で飲み続けていいのは長くても8週間までです。

リポドリンによる依存は大量に飲むことと、長期にわたって飲み続けることでリスクが格段に上がります。そのため、続けて飲んでも大丈夫という期間が限られているのです。

8週間を超えて飲み続けるとリポドリンに依存しやすくなるだけでなく、副作用も重くなる可能性があるので、服用期間は守るようにしましょう。

リポドリンの購入はこちら

コメント