なぜリポドリンの買い方は通販1択なのか?

リポドリンの購入はこちら
通販を利用する人 ダイエットサプリメントのリポドリンはインドのHi-Tech Pharmaceuticals社で作られ、サプリメント大国のアメリカで大きな支持を得ました。

それだけダイエットサプリメントとしての効果は大きく、実際にいろんな人がリポドリンによってダイエットを成功させたという話も取り上げられています。

その話題性によって、日本にも通販という形で広まってきたリポドリン。

しかし、日本でリポドリンを店頭販売している場所はありません。

なぜいまだに通販という形でしか買えないのでしょうか。やはり、リポドリンは危険なサプリメントとして扱われているということなのでしょうか。

その疑問に注目してみました。

リポドリンはなぜ通販からしか買えないのか?

通販を利用する人多くの人が効果を体感しているリポドリン。それなら、日本でも取り扱ってより多くのダイエッター達に広めるべきなのでは?

しかし、リポドリンは日本の病院や薬局では取り扱われず、個人輸入という海外経由の通販を使わないと購入するのは不可能になっています。

海外から取り寄せたサプリメントを人に分けたりすることはルール違反なので、他の人にリポドリンの効果を体感してもらうこともできません。

なぜ、リポドリンは日本国内で取り扱われず、通販のみの取り扱いが続いているのでしょうか?

リポドリンは日本で承認できないサプリメント

リポドリンはさまざまな成分を配合して作られています。その中には、日本がサプリメントの成分として認めていない成分が含まれているのです。

この点から、リポドリンは日本の基準では『承認できないサプリメント』とされています。

薬やサプリメントは、国の安全基準を満たして厳しい検査をパスすることでようやく販売が認められます。リポドリンの成分は基準や検査をパスできないので、未だにリポドリンの国内での取り扱いは認められないのです。

未承認=安全性が低いので要注意

通販を利用する人リポドリンのように承認されていないサプリメントは、日本の基準で『安全性が低い』と判断されたということになります。

しかし、個人輸入を使えば日本にいても購入することはできます。

つまり、海外から購入するということはリポドリンが安全性の低いサプリメントだと理解した上で購入していると判断されるのです。

リポドリン通販において『購入したものは自己責任で使用すること』という条件が定められているのは、このためです。

リポドリンの作用は強すぎる?

サプリメントと医薬品は別物です。

違いについて取り上げるとさまざまなものが見つかりますが、効果の強さを比較するなら強いのは圧倒的に医薬品であり、サプリメントはあくまで『体の機能がより活動しやすくなるように支えてくれるもの』といった認識が近いでしょう。

しかし、リポドリンはサプリメントという分類に入っているものの、作用の強さでいえば医薬品に匹敵するほど大きなものになっています。

リポドリンのような強い作用を持つサプリメントは、薬局などで簡単に販売できないと判断されてもおかしくないでしょう。

病院で責任が持てない

病院で処方された薬でもしも体にトラブルが起きたら、それは病院側の責任ということで患者に救済が与えられます。

もしも海外からの医薬品を医師が患者に向けて処方して、患者にトラブルが起こった場合も責任は医師に問われます。

このようなことがあるので、国内で安全が保証されていない海外の医薬品やサプリメントは、日本の病院でも取り扱われません。

リポドリンを購入するなら、やはり自己責任ということを理解して通販を活用しましょう。

使ってはいけないリポドリンの通販方法

通販を利用する人リポドリンが国内で取り扱われていない理由について、なんとなくわかってきたかと思います。

リポドリンは、作用のことを理解した上でもダイエットしたいと思った人しか購入を推奨されません。

リポドリン通販を利用するなら、それをわかった上で購入しているということになります。責任を持つといった意味でも、通販は自分自身で購入手続きを進めることが条件になっています。

しかし「個人輸入代サイトよりも安く早くリポドリンを購入できる」というメリットに惹かれて、違法の通販方法でリポドリンを購入する人もいます。

中には、違法だと気づかず何となく見かけたサイトで購入してしまった、というケースもあるでしょう。

特に出回っている次のような購入方法は、高確率で違法に分類されるものです。実際に、ここにまとめた転売行為によって処罰を受けたケースも見られています。

リポドリンは個人輸入代行サイトか、個人輸入から直接取り寄せる以外の方法で購入するのは基本的に禁止だと忘れてはいけません。

転売だとわかった上で利用するのも決して良い結果にはつながらないので、遠ざけるようにしてください。

非承認の通販サイトから購入する

フリマアプリ、またAmazonや楽天など国内の通販サイトでリポドリンの販売は認められていません。

もしこのようなサイトでリポドリンが見つかった場合は、販売者による転売だと判断できます。

SNSで個人から買い取る

近年では、インスタグラムやツイッターなどのSNSを通して薬の買い取りを個人で行う人もいます。

しかし、個人で行うといってもこれはれっきとした転売にあたるものです。

さらに、このようなSNSで出回る薬は信用性が低いので、トラブルに発展しやすいというリスクもあります。

気軽に連絡がとりやすいのはSNSの魅力ですがそれだけ注意が必要なので、リポドリンをSNSから買い取るのは避けてください。

リポドリンの購入はこちら

コメント